専業主婦にオススメ〜夫に内緒でキャッシング

生活費が足りない時はキャッシング

家計を預かる主婦にとっては夫に内緒でキャッシングしたいという時もあると思います。
まず収入のない専業主婦は消費者金融を利用することはできないと法律で決められているため、銀行カードローンに申し込む必要があります。
夫や家族にばれずに申し込む際には注意したいことがあります。

 

・インターネットや自動契約機で申し込むこと→店頭や無人契約機でカードや契約書類を受け取れば自宅に書類が送られてくることはありません。
・連絡先を自分の携帯電話にすること→本人確認の電話が行われるので自宅にかかってくるとばれてしまう可能性があるため。

専業主婦専用のカードローンなら女性スタッフが対応

いずれも「自宅へ電話しないでほしい」「自宅へ書類を送らないでほしい」という旨を申し込みの際に相談しましょう。
自宅への電話や書類送付が必ず行われる銀行カードローンもありますので事前に確認が必要です。

 

銀行カードローンには「専業主婦専用カードローン」のサービスを行っている所があり、応対してくれるスタッフも女性で安心感があります。
このサービスは限度額が30〜50万円と低く設定されていますが、限度額以内であれば家族に内緒で申し込めるのでぜひおすすめです。
便利すぎてついつい利用しすぎてしまうことも考えられますので計画的に利用しましょう。

 

アイフルの増額

夫に内緒でキャッシングする時に気を付けたいこと

夫に内緒のカードローンの注意点

働いていない専業主婦が夫に内緒でキャッシングを利用したい場合、法律の規定により消費者金融は利用できないため銀行カードローンを利用しなければなりません。
銀行カードローンに申し込んだ時にちょっとしたことで夫にばれてしまう可能性があります。

 

まず契約すると契約書類やカードが自宅に送られてきてばれてしまうことがありますが、店頭や無人契約機で契約することで契約書類やカードを受け取れる所もありますのでそのような所を利用しましょう。
また「カードを財布に入れたままにしていて見られてしまった」ということもありますので保管方法に注意しましょう。

 

更に返済を口座振り込みやインターネットで決済すると通帳に記録が残ってしまい、見られてしまう可能性があるため、できれば無人契約機や店頭で直接返済して記録を残さない方が安心です。

返済を延滞すると自宅に電話がある恐れも

 

そして最も重要なことは返済に遅れないことです。
万が一返済期日に遅れると金融機関は電話や郵送で連絡をしてきますのでその時点でばれてしまう可能性があります。
口座引き落としにして口座に残高がなかったということもあります。
これらは全て当たり前のことばかりですがうっかりしていたということもありますので注意しましょう。

 

携帯でお金を借りる